実は、お肌は何層にも分かれています。各層の美容への影響を説明します。
 RSS
ボディケア

お肌の仕組み

■お肌は3層構造

お肌の仕組み 日頃気になるお肌は、実は3層で構成されています。 表面から「表皮、真皮(しんぴ)、皮下組織」と呼ばれています。 それぞれの層が美容に大きな影響を及ぼしているんですよ。


■肌の構造1: 表皮(ひょうひ)

表皮は皮膚の1番外側の層です。 ここには角質層があります。 お肌への影響ですが「みずみずしさ、透明度」に影響しています。

■肌の構造2: 真皮(しんぴ)

真皮は表面から2番目の層です。 ここにはコラーゲンがあります。 お肌への影響は「お肌のハリ、弾力、硬さ」に関係しています。

■肌の構造3: 皮下組織

皮下組織は最も内側の層です。 ここには毛細血管があります。 お肌への影響は「お肌の明るさ」となっています。

■お肌をよりキレイにしよう

各層でそれぞれお肌への影響があります。 ですが、お肌をよりキレイにするには、全ての層に気を配る必要があります。 特に各層の効果を最大限に発揮するには、その下の層がしっかりしていることが条件となるそうです。 お肌も基盤をしっかりしておいた方がいいみたいです。

 直前のページへ 目次へ戻る
前のページへ [1] 次のページへ