お肌のみずみずしさ や お肌の透明度 について知りたい方はこちらをどうぞ。
 RSS
ボディケア

お肌について(表皮)

■表皮とは

表皮の仕組み 表皮とは肌を構成する3層のうち、一番外側の層です。 この層には角質(角質細胞)があり、お肌のみずみずしさ等に関係しています。

表皮の表面は皮脂で覆われ、水分の蒸発を防ぐ等、色々な役割を持っています。 また、セラミドには角質を繋ぐ役割があります。 セラミドも油分で、水分の蒸発を防いでいます。

■お肌のみずみずしさ

角質は水分を蓄えている所です。 お肌にみずみずしさが欲しい時は、角質に水分を含ませる対策が必要になってきます。 また角質の水分は非常に減少しやすいです。 色々な刺激(紫外線・寒冷・乾燥・物理的なもの等)で減少していくので、注意しましょう。

■お肌のみずみずしさを保つには?

角質に水分を補給する簡単な方法は「お肌に水分を浸してパッティングすること」と言われています。

■みずみずしさ を失う原因は?

  • エアコン(エアコンは意外と水分を奪う)
  • 洗顔で肌をこすりすぎる(こすりすぎると角質がボロボロになる)

■お肌の透明度( くすみの原因 )

お肌の透明度にも角質が関係しています。 角質が厚くなると、透明度が悪くなってしまいます。 この原因は、角質が厚くなり毛細血管の血液の赤みが見えなくなる事です。 この状態が「透明度が少ない・くすみ」と言われています。

■お肌の透明度を保つ

できる限り角質が厚くならないようにする事です。 そして、新陳代謝を良くして、角質が頻繁に入れ替わるようにしましょう。

■角質が厚くなる原因

  • 加齢
  • ピーリング行為(肌をこする/削る/溶かす等)

■角質とピーリングの関係

ピーリングを行うと、お肌がつるつるになり満足するかもしれません。 しかし、それは一時的な事で意外と早い時間で元に戻るそうです。 ここで気をつけたいのは「人為的に薄くした角質は、再生時に元の厚さより厚くなる」という話もある点です。

 直前のページへ 目次へ戻る
前のページへ [1] 次のページへ