ダイエットに有効な「脂肪をエネルギー源とする赤筋」について説明します。
 RSS
運動

体脂肪燃焼には赤筋

■赤筋は脂肪を使う

筋肉で使用される栄養素の違い
赤筋と白筋ではエネルギー源に違いがあります。 赤筋で使うのは”脂肪”です。 あと一緒に酸素も必要になります。 これが「ダイエットでは酸素をしっかり取り込む有酸素運動が有効」と言われる理由です。

■赤筋は軽い運動で鍛えよう

ダイエットに有効な赤筋は、余り力を必要としない、繰り返すような動作でよく使われます。 例えば、ウォーキング等の有酸素運動です。 また、負荷の軽い筋トレ等でも赤筋は使われます。

あと、家事など日常生活の動作でも充分に赤筋は使われます。 日頃からよく動くことでもダイエットになりますよ。

■赤筋を鍛えるなら内側を重視

赤筋は「筋肉の内側に多い」と言われています。 だから、内側の筋肉(インナーマッスル)に注目してみましょう。

インナーマッスルを効率よく増やすには、普通に筋肉を動かすだけでは難しいみたいです。 ダンベルではダメなので、チューブやバランスボールを使ってみましょう。 他には「ストレッチ、ヨガ、ピラティス」で、自然にインナーマッスルを鍛えられるようです。

■その他:赤筋に関すること

  • 赤筋 = 遅筋
  • インナーマッスル = 深層筋
  • インナーマッスル = コアマッスル
 直前のページへ 目次へ戻る
前のページへ [1] 次のページへ