体重が増えた=太ったとは言い切れないところがあります。何故でしょう?
 RSS
基礎知識

体重のこと

■体重が増える=太った?

体重について 「ダイエットを始めた理由は少し太ったから」 そんな方も多いと思います。でも、ちょっと待ってください。 「体重が増えた=太った」と考えていませんか? 実は体重が増えただけでは”太った”とは言い切れないんですよ。

体重が増える理由には「体脂肪の量。飲食物の重さ。むくみ。便秘など」色々あります。 このうち、本当に太ったと言えるのは、体脂肪についてだけです。 他の理由は一時的なことなんです。(むくみは見かけが太く見える。体重増加は、水の重さが原因) なので、体重が増えた原因をしっかり特定して、原因にあった対策をしましょう。

■体重は変わりやすい

「朝と夜に体重を量ってみたら、1〜2kgぐらい差があった」なんて覚えはありませんか? これは決して太った(体脂肪が増えた)わけではありません。 逆に減っていた場合、やせたとは言い切れません。

体重はちょっとしたことで変化します。その原因の多くは水分の重さです。 飲料はもちろんのこと、何気ない食事にもたっぷり含まれています。 だから、食事と体重を量るタイミングで、体重に大きな差が出てしまいます。 よって、短時間での体重の増減は気にしない方がいいかもしれません。

■同じ時刻に体重を量る

上の項目でも述べていますが、体重は飲食による水分で大きく変化します。 なので、測る時刻を統一してしまうことが最善です。

体型管理の目安として体重測定するなら、これで問題ないハズです。 でも、より体重を少なく測定したい場合、こんな手段もあります。 朝ならば、朝食前にトイレを済ませてから量ってください。 夜なら、入浴後しばらくしてから量りましょう。

 直前のページへ 目次へ戻る
前のページへ [1] [2] 次のページへ