食事は減らせばいいってものでもありません。ここではその理由について説明します。
 RSS
基礎知識

食事に関すること

■約6時間毎に食事しよう

食事の時間は6時間毎が良いみたいです。 と言うのも、食べ物を消化する関係でおなかが空きにくくなるからです。 おなかが空きにくいって事はそれだけ余計なモノを食べなくて済みます。 その分、太りにくくなるって事になります。

■一日の総カロリーは基礎代謝以上で

一日の摂取カロリーは基礎代謝を超えるようにする
一日の総カロリーは基礎代謝を上回るようにしましょう。 摂取カロリーを基礎代謝が下回ると、痩せる速度は本当に早いです。 だけど、後で確実にリバウンドするので止めておいた方がいいでしょう。

■一食分のカロリーも考えよう

一日の総カロリーが基礎代謝を越えていれば大丈夫とも言い切れません。 例えば、朝と昼に食べずに夜だけにします。そうすると、空腹の時間がかなり長くなってしまいます。 そうすると、大食いしやすいし、吸収力も上がってしまいます。 だから、一食当たりのカロリーは平均的にするか、または朝昼晩の順で少なくすると良いと思います。

■朝昼晩の順でカロリーを少なくすると

朝昼晩の順でカロリーを少なくするのは、人の行動を考えた上でのことです。 普通の人なら朝から夕方にかけてよく動いて、夜にはあんまり動かなくなります。 だから、朝はカロリーを多めで、夜は少なくするとカロリー消費がうまくいって太りにくくなるんですよ。

■食物繊維をとろう

ここでは、あまり詳しい説明は省きますが、野菜などの食物繊維を摂っておくと太りにくくなります。 これは野菜等にカロリーが少ないからではなく、食物繊維が食後の血糖値の上昇を緩やかにするからです。 詳しく知りたい場合は血糖値で調べるといいかもしれません。

■食事は大切

食事をしなければ余計なカロリー摂取も減り痩せるって考えがあります。 確かにそれは間違いではありません。でも、その考えだとキレイに痩せられません

人は食べ物からキレイになる為の材料を得ています。 食事をしないってことは、キレイになる為の材料(ビタミンミネラル)を減らすことになるので、キレイになれなくなってしまいます。 だからこそ、しっかり食事の内容を考えて、そして食べるといいと思います。

 直前のページへ 目次へ戻る
前のページへ [1] [2] 次のページへ