ダイエットって空腹や満腹が悩みの種ですよね。どうして空腹や満腹になるのでしょう。
 RSS
食事

空腹と満腹のこと

■空腹や満腹を感じる仕組み

私達が空腹や満腹を感じるのは、脳の視床下部にある”中枢”が刺激されるからです。 満腹を感じる所は満腹中枢(飽食中枢)と言い、空腹なら摂食中枢(空腹中枢)と呼ばれています。

■満腹になるには

私達が満腹を感じるには、2つの条件が必要になります。 まず1つ目が満腹中枢を刺激すること。2つ目が胃袋が満たされることです。

■満腹中枢が刺激されるには

満腹中枢は食事によって血糖値が上昇することで刺激されます。 「よく噛んで食べると良い」というのは、消化が良くなり血糖値の上昇を助けるからです。

逆にいっぺんに食べてしまうのは良くありません。 それは満腹中枢が刺激される前に必要以上に食べてしまうからです。 消化できる量はほとんど変わらないので、こういう事が起きてしまいます。

食べ方で満腹になる時期が変わる

■胃袋が満たされる

満腹を感じるには、胃袋が満たされる必要もあります。 いくら血糖値が高くなっても、胃袋が満たされないと満腹を感じられません。

例えば、お菓子は少量でも血糖値を大幅に上げます。 血糖値は上がっていますが、少量なので胃袋が満たされていません。 そのせいで満腹を感じくにくくなっています。

■空腹を感じるのは

空腹を感じるキッカケとなるのは血糖値です。 血糖値が一定のところまで下がると、今度は血液中に遊離脂肪酸というモノが増えます。 これにより、摂食中枢が刺激され空腹を感じるようになります。 また、満腹を感じたのと同じように、胃が空になり縮むと摂食中枢が刺激されます。

 直前のページへ 目次へ戻る