糖質(炭水化物)である単糖類、二糖類(少糖類)、多糖類の説明です。
 RSS
食事

糖質について

■単糖類

糖質の中でも最小(1つ)の構成要素です。 構成要素が最小なので、分解される手間が省かれ、最も吸収されやすい形となっています。 単糖類を含む食べ物は「朝食やスポーツ前に摂ると良い」と言われています。 でも、摂りすぎには注意しましょう。太りやすさに影響してきます。 ブドウ糖、果糖、ガラクトースが単糖類に該当します。
単糖類に属するもの

■二糖類

糖質の中でも2番目に小さいの構成要素です。 単糖類が2つ集まって構成されている程度なので、吸収しやすさは良いと言えます。 また砂糖の主成分はショ糖で、このショ糖は二糖類に分類されています。 ショ糖は単糖類のブドウ糖と果糖で構成されていて、太りやすいかもしれません。 ダイエット中の砂糖の取り扱いは十分に注意しましょう。 麦芽糖、ショ糖、乳糖が二糖類に該当します。
二糖類に属するもの

■多糖類

単糖類が数百〜数千個で構成されます。 例えばパンやご飯などがあります。 単糖類や二糖類に比べ構成が複雑なので、吸収されやすさは落ちています。 でも、他の栄養素(脂質、タンパク質)より吸収が良いです。 ゆっくり食べるようにするといいかもしれません。 ただ、食物繊維は例外で、多糖類だけど人間は消化できないので0Kcal(もしくはカロリーがとても少ない)と言われています。 でんぷん、グリコーゲン、セルロース、ペクチン質、食物繊維などが多糖類に該当します。
多糖類に属するもの

 直前のページへ 目次へ戻る
前のページへ [1] [2] [3] 次のページへ