【アミラーゼ】の意味。酵素。ご飯やパンのデンプンを加水分解し、マルトース(麦芽糖)等を生成する。主に膵臓(すいぞう)と唾…
 RSS
ダイエット用語集

アミラーゼとは

 あみらーぜ
アミラーゼ
 人 − 酵素・ホルモン

酵素。ご飯やパンのデンプン加水分解し、マルトース(麦芽糖)等を生成する。主に膵臓(すいぞう)と唾液腺(だえきせん)から分泌される。 アミラーゼの働きを阻害するものには、お茶の葉(苦味の成分のタンニンカテキン)、ぶどうの皮(ポリフェノール。ワインでも可)、月桂樹葉抽出エキスなどがある。つまり、これらを摂取する事により、食べた量の幾分かを無効化できる。

 直前のページへ 目次へ戻る
前のページへ [1] 次のページへ