【赤筋】の意味。「あかきん」とは読まないらしい。「脂肪+酸素」をエネルギー源とする筋肉のこと。重点的に鍛えるとダイエット…
 RSS
ダイエット用語集

赤筋とは

 せっきん
赤筋
 人 − 人体

「あかきん」とは読まないらしい。「脂肪+酸素」をエネルギー源とする筋肉のこと。 重点的に鍛えるとダイエットがうまくいく。

酸素を取り込むので、筋肉付近に毛細血管が多い。 その為、赤く見える。 また、筋肉の内側に多く存在するのでインナーマッスルと呼ばれる。

赤筋は白筋とよく比較される。 また、インナーマッスルに対してアウターマッスルとも比較される。

 直前のページへ 目次へ戻る

関連記事の一覧

前のページへ [1] 次のページへ